コンテンツにスキップする

米ISM製造業景況指数:3月は予想上回る上昇-雇用が大幅改善

更新日時

米供給管理協会(ISM)が発表した3月の製造業総合景況指数は上昇し、市場予想も上回った。同指数は過去数カ月、変動の大きい状況が続き、前月は2年ぶりの低水準に落ち込んでいたが、3月は雇用の指数などが堅調だった。

キーポイント
  • 3月のISM製造業総合景況指数は55.3に上昇(前月は54.2)
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は54.5
    • 同指数は50が活動の拡大と縮小の境目を示す


インサイト

  • ISM製造業総合景況指数は昨年8月に14年ぶりの高水準を付けた後、急ペースで低下傾向にあった
  • 3月の指数の最大の押し上げ要因となったのは雇用で、3年ぶりの大幅上昇。前月までは3カ月連続で低下していた
  • 輸出受注と輸入の指数は共に2年ぶりの低水準となった。米中通商対立の長期化が経済成長への打撃となっている状況が示唆された

詳細

  • 仕入れ価格指数は3年ぶりの低水準だった前月から回復し、50を上回った。原油相場の上昇でコストが再び高まりつつあることを示唆
  • 入荷遅延指数は54.2と、2年ぶりの低い水準に低下。同指数は50を下回ると入荷が早くなっていること、上回ると遅れていることを示す
  • 顧客在庫は42.7と、生産が今後増える可能性を示すレベルを維持。前月は8年ぶりの低水準だった

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Factory Gauge Rises From Two-Year Low on Employment Gains(抜粋)

(詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE