コンテンツにスキップする

ソフトバンクは新卒社員数3年で最多、「30年先考え手を打て」と孫氏

ソフトバンクグループの孫正義社長

ソフトバンクグループの孫正義社長

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
ソフトバンクグループの孫正義社長
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

東京証券取引所に昨年12月に株式上場した国内通信会社のソフトバンクでは、4月入社の新卒社員数が前年度に比べ13%増え、過去3年間で最多となった。

  2019年度にソフトバンクに入社した新卒社員数は429人。広報担当の高橋里歌氏によれば、18年度は378人、17年度は390人だった。

  宮内謙社長は1日の入社式で、スマートフォンの世界では「今後10年間でまた面白いことがたくさん起こる」と予測。次世代通信規格の第5世代(5G)ネットワークでモノのインターネット(IoT)の世界が到来し、あらゆる産業に変革がもたらされ、その変化に追いつけない企業は「淘汰されていく」と述べた。

  また、ソフトバンクグループの孫正義社長は、大事なのは「常に10年先、20年先のこと、できれば30年先のことを考えて手を打つ」ことだと指摘。人工知能(AI)に慣れ親しみ、自分を進化させてほしいと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE