コンテンツにスキップする

中国株が上昇、上海総合指数は昨年5月以来の高値

  • 財新PMIも活動拡大示す-ハンセン指数は強気相場入りの方向
  • 中小企業のPMI急回復、政策効果の可能性示唆-謝棟銘氏
relates to 中国株が上昇、上海総合指数は昨年5月以来の高値
Photographer: VCG/Visual China Group
relates to 中国株が上昇、上海総合指数は昨年5月以来の高値
Photographer: VCG/Visual China Group

1日の中国株式相場は上昇。上海総合指数が昨年5月以来の高値を付けた。香港ハンセン指数はこのまま引ければ強気相場入りとなる。中国経済が回復しつつあることを示す指標を好感した。

  上海総合指数は午前の取引終了時点で、前週末比2.3%高。この1カ月にわたり3000-3100のレンジ相場だったが、それを上抜いた。

  国家統計局が先月31日発表した3月の製造業購買担当者指数(PMI)は50.5と、前月の49.2から上昇。2012年以来の大きな上げとなり、エコノミスト予想を軒並み上回った。4月1日発表の財新製造業PMIも活動の拡大を示した。

  オーバーシー・チャイニーズ銀行の謝棟銘エコノミストは「中小企業を対象としたPMIの急回復は増値税(付加価値税)引き下げなど政府による支援策の効果が表れ始める可能性を示している」と指摘。「PMIを具体的に見ても、今回の持ち直しは季節的パターンで説明できない」とコメントした。

Chinese stocks extend their winning run into the second quarter

原題:China Stocks Start April With Bang, Bonds Slide After Data Boost(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE