コンテンツにスキップする

米債券市場はリセッション懸念で身震い-今週発表の経済指標を注視

  • リセッション懸念で10年債利回りは急低下、3カ月物下回る
  • 最大の注目は5日公表の雇用統計、予想に一致するだけでも好感か
relates to 米債券市場はリセッション懸念で身震い-今週発表の経済指標を注視

米経済のリセッション(景気後退)入りが真近であるかのように米国債利回りは急低下している。重要な経済指標の発表が相次ぐ今週、リセッション懸念が行き過ぎであるかどうかが示されそうだ。

  10年債利回りが3月28日に2.34%と、1年3カ月ぶりの低水準を付けた背景には、経済成長が失速し米金融当局が年内利下げに踏み切るとの臆測があった。しかし、そうした見方を裏付ける具体的な米経済指標はほとんどない。金融当局は3月20日に経済に一段と慎重なスタンスで投資家に衝撃を与え利回りを急低下させたが、その当局でさえも実際のところ悲観的な先行きを予想しなかった。

  債券投資家は今週、いくつかの実際の情報を得る。最大の注目イベントは4月5日に公表される3月の雇用統計だ。1日には2月の小売売上高と米供給管理協会(ISM)の製造業景況指数も公表される。また、複数の米連邦準備制度理事会(FRB)当局者が発言を予定しており、3日にはボスティック・アトランタ連銀総裁とカシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、4日にはメスター・クリーブランド連銀総裁らが話す。ただ、これらの当局者で今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ人はいない。

  ナットウエスト・マーケッツの米州担当金利戦略責任者、ジョン・ブリッグス氏は「データから経済の現状に関する見方が与えられ、市場関係者と同様に成長について懸念すべきかどうの材料が与えられるだろう」と予想。雇用統計の数字が予想に一致するだけでも「好感される」と付け加えた。さらに、統計が「かなり良好なら」利回りは上昇すると予想し、年末の10年債利回りを2.5%程度と予想した。

  10年債利回りは3月29日に2.41%で終了。これは28日に付けた底を上回るものの、3月19日の2.61%を大きく下回っている。3月20日の金融政策決定の発表後に利回りは急低下し、10年債利回りは3カ月物の利回りを下回った。こうした長短金利が逆転する逆イールドは一般にリセッションの前兆と見なされる。

Signs of still-stable growth could send yields higher

今週の米経済指標:
今週の米金融当局者の発言予定:

原題:The Bond Market Shuddered. Now We Find Out If That Was Justified(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE