コンテンツにスキップする

ECBクノット氏:合意なき離脱、市場織り込まず-最大の政治リスク

  • 「市場で価格設定の著しい見直しが起きる可能性がある」と同氏
  • 「英ポンドが圧力にさらされることになるだろう」と発言

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーであるオランダ中央銀行のクノット総裁は、英国の欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」を市場はまだ織り込んでおらず、英EU離脱が市場にとって今の最大の政治リスクになっているとの認識を示した。

  クノット氏は3月31日付の独紙ハンデスブラットとのインタビューで、合意なき離脱となった場合には「市場で価格設定の著しい見直しが起きる可能性があり、英ポンドが圧力にさらされることになるだろう」と語った。

原題:Markets Still Aren’t Pricing in a Hard Brexit, ECB’s Knot Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE