コンテンツにスキップする

アップル:ワイヤレス充電マット「エアパワー」の中止を発表

更新日時
  • 同製品がアップルの高い水準に達しないと判断ー幹部
  • 同製品は17年に発表されたが、さまざまな課題に直面

アップルは、ワイヤレス充電マット「AirPower(エアパワー)」のプロジェクト中止を発表し、発売を待ち望んでいた人に謝罪した。

  アップルは2017年9月、「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の発表時に、アイフォーンや「アップルウオッチ」、「エアポッド」を全て同時に充電できる製品としてエアパワーを紹介。当時、発売は18年になると説明していた。エアパワーはアイフォーンや「iPad(アイパッド)」、アップルウオッチほどアップルの利益にとって不可欠ではないが、同社が発表済みの製品の中止を決定するのは珍しい。

  アップルのハードウエア担当シニアバイスプレジデント、ダン・リッチオ氏は「われわれはエアパワーが当社の高い基準に達しないとの結論に至り、プロジェクトを中止した」と説明した。

  アップルは中止の理由を厳密に説明していないが、開発に詳しい関係者は昨年ブルームバーグ・ニュースに対し、同社がソフトウエアや過熱などに関する課題に直面していると明らかにしていた。

原題:Apple Cancels AirPower Wireless Charging Mat in Rare Retreat (1)(抜粋)

(2段落目以降に詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE