コンテンツにスキップする

墜落したボーイング機、失速防止システムが自動的に作動-WSJ

  • 墜落機のブラックボックス分析、システムの誤作動を示唆-WSJ
  • エチオピア当局、事故の暫定報告書を数日内に発表へ

エチオピアで今月墜落した米ボーイングの旅客機737MAXは、墜落前に失速防止システムが自動的に作動していたことが分かった。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が同機のフライトデータを分析した初期調査の結果を引用して報じた。

  調査結果は米連邦航空局(FAA)が28日行った説明会で明らかにされた。エチオピア航空機だけでなく、昨年10月に起きたインドネシアの格安航空会社ライオンエアの737MAX墜落事故でも失速防止システムが誤作動を起こしていたことが強く示唆されると、WSJは報じた。

Boeing Reprograms 737 System Linked to Crashes

A software update will prevent a single sensor from activating the Maneuvering Characteristics Augmentation System. The data from both sensors will be considered.

Sources: Boeing, Mentourpilot

  エチオピア当局は墜落機のブラックボックスを分析した結果に基づく暫定報告書を数日内に発表する見通しだ。状況説明を受けた関係者がWSJに語ったところによると、報告書の内容は変更される可能性もまだある。ボーイングの広報担当者は調査に関してコメントできないと述べた。

  ライオンエア機墜落事故から回収したデータによると、パイロットが操縦不能に陥る前に失速防止システムが作動し、機首を繰り返し下げさせていたことが示唆されており、ボーイングは監督当局とともにここ数カ月間、737MAXのソフトウエア修正に取り組んでいる。

原題:Boeing Crash Probe Points to Faulty Anti-Stall System, WSJ Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE