コンテンツにスキップする

ドイツ:3月の失業者は前月比7000人減、失業率4.9%で過去最低

ドイツの3月の失業者数は前月比で減少し、失業率は東西ドイツ統一以降の過去最低記録を更新した。同国の製造業は減速しているものの、好調を保つサービス業がこれを相殺している様子だ。

  ドイツ連邦雇用庁が29日発表した3月の失業者率は4.9%と、前月の5%から低下。失業者数は前月から7000人減少した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は1万人減だった。連邦雇用庁のシーレ長官は発表資料で「景気の追い風が弱まっている」にもかかわらず、労働市場はなお堅調に推移していると述べた。

German joblessness hits lowest since reunification in 1990

原題:German Unemployment Extends Decline Even as Factories Struggle(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE