コンテンツにスキップする
Photographer: Angus Mordant/Bloomberg

バフェット氏、デルタ航空株の保有比率が手違いで10%超え

  • 気付かないうちに持ち株比率が10%を超えていた-バフェット氏
  • 航空業界はもはや自滅的なビジネスではない-バフェット氏
Delta Air Lines Inc. planes are seen reflected at Salt Lake City International airport (SLC) in Salt Lake City, Utah, U.S., on Thursday, July 5, 2018.
Photographer: Angus Mordant/Bloomberg

ウォーレン・バフェット氏は、自身が率いる投資・保険会社バークシャー・ハサウェイによるデルタ航空株の保有が、手違いで自らが心地よく感じる水準を超えたと述べた。

  今月の規制当局への届け出によると、 デルタ航空が自社株を買い戻し、バークシャーが同社株を買い増したことで、バークシャーによるデルタ株の保有比率は上昇した。

  バフェット氏は28日、CNBCとのインタビューで「気付かないうちに、購入によって当社の持ち株比率が10%を超えていた」と説明。「既に予定外の領域に達していたため、さらに多くの株を買おうと決心した」と語った。

  バフェット氏は、自身も認める1989年のUSエアウェイズ・グループ株の見込み違いの投資後、航空株を長年敬遠していたが、2016年以降はデルタ航空のほか、 サウスウエスト航空、アメリカン航空グループ、ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスなど航空株に投資している。

  バフェット氏は「航空業界は極めて競争の激しいビジネスだ」と指摘。「もはや自滅的なビジネスではなくなったと思うが、かつてはかなり長い期間そうだった」と述べた。

原題:Buffett Says Delta Purchases Put Him Above 10% by Mistake (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE