コンテンツにスキップする

イエレン前FRB議長:近いうちの米景気後退も年内利下げも予想せず

  • 当局は現行の金利水準に満足「年内は政策を据え置くと見込まれる」
  • 昨年12月の市場のシグナルに注意払い、金利見通しは下方にシフト

イエレン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長は28日、米国が近いうちにリセッション(景気後退)に陥る公算は小さく、米金融当局が利下げする理由はないとの考えを示した。

  テキサス州フォートワースのテキサス・クリスチャン大学で開かれた投資家会議で講演したイエレン氏は、金融当局者が今年の経済成長率見通しを中央値で2.1%に下方修正したものの、「それはリセッションではない。景気鈍化は長い間予想されていたものだ」と指摘した。

  イエレン氏は金融当局者について、「彼らは現行の金利水準を心地よく感じている。事態の展開次第でどちらの方向にも動く用意がある」とした上で、「リセッション入りはないというのが私の基本シナリオで、年内は政策を据え置くと見込まれる」と語った。

  米財務省短期証券(TB)3カ月物と10年債の利回り逆転を巡っては、金融当局が過度の引き締めによってリセッションを招くとの懸念に基づくものかもしれないとコメント。ただ、当局者が昨年12月の市場のシグナルに「注意を払った」結果、「そうした見通しに対応して金利の道筋の予想は下方にシフトした」と話した。

原題:Yellen Sees No U.S. Recession, Says Fed Won’t Cut Rates in 2019(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE