コンテンツにスキップする
Photographer: Andrew Harrer/

インフレ連動米国債を有望視、米金融当局は2%超インフレ容認へ

  • PIMCOとバンガード、ブラックロックがTIPS有望視
  • 年初来のリターン、TIPSが通常の米国債上回る
The Marriner S. Eccles Federal Reserve building stands past passing vehicles in Washington, D.C., U.S.
Photographer: Andrew Harrer/

債券市場が米経済についてこれほど暗い情景を描いて見せている時に、インフレ加速に賭けるのは奇妙に見えるかもしれない。

  しかし、パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)とバンガード、ブラックロックはここにこそ収益機会があるとみる。

  米インフレ率は2%という連邦準備制度の目標を持続的に満たすことができず、これまでに何度も期待を裏切っているが、3社は金融当局のハト派転換が事態を変えると指摘する。引き締まった労働市場、今年の利上げを見送りインフレが目標を上回る時期を容認しようとする当局の姿勢が、インフレ期待と消費者物価を押し上げるはずだという。従って、インフレ連動米国債(TIPS)が有利になる。

  PIMCOのアセットアロケーション・リアルリターン担当最高投資責任者(CIO)ミヒル・ウォラー氏は、「金融当局はインフレとインフレ期待が高まることを望む姿勢を明らかにしている」と指摘。TIPSは「金融当局が直接影響を与えようとしている資産クラスだ。従ってこれを保有することは理にかなっている」と述べた。

  実際、通常の米国債は過去1週間に大きく値上がりしたが、年初来のリターンはTIPSが上回っている。ブルームバーグがまとめた指数データによると、TIPSの1-3月(第1四半期)リターンはプラス3.1%で、昨年のマイナスを完全に帳消しにした。通常の米国債はプラス2.3%。

TIPS outperform as Fed raises inflation expectations

  TIPSと米国債の利回り格差(ブレークイーブンレート)は、今後10年の消費者物価上昇率は平均で年1.83%と織り込んでいる。30年間についての予想インフレ率も1.9%未満にとどまるが、バンガードのシニアマネーマネージャー、ジェンマ・ライトカスパリウス氏は低過ぎると言う。同氏は30年間のインフレ率について2.3-2.35%になると見積もり、TIPSを有望視している。

Runnin' Hot

If Fed adopts price-level targeting, inflation would need to run at 4.1 percent in 2019 and 2020 to make up for all post-recession misses.

Source: Bloomberg; Bureau of Economic Analysis

Note: Series begins June 30, 2009 and ends Dec. 31, 2020

  ブラックロックのグローバル最高投資ストラテジスト、リチャード・ターニル氏もTIPSを選好。景気拡大と利上げについての金融当局の辛抱強さに加え、インフレ率が一定期間2%を上回ることを容認する姿勢を理由に挙げた。

Flows into biggest TIPS ETF stabilize after Q4 outflows

原題:Losing Bond Trade Makes Big Comeback That Treasuries Can’t Match(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE