コンテンツにスキップする
Photographer: Vincent Mundy/Bloomberg

「オレオ」のモンデリーズ、「Tim Tam」などキャンベル資産買収で交渉

  • キャンベル傘下アーノッツとケルセンの買収条件巡り詰めの協議
  • 約2770億円前後の買収価格が話し合われていると関係者
Individual parts for Oreo biscuits move along a conveyor belt at the Trostyanets confectionery plant, operated by Mondelez International Inc., in Trostyanets, Ukraine, on Thursday, April 6, 2017. Mondelez International Inc. bucked Russia’s recession to expand retail sales there by a “double-digit” percentage last year after starting to produce Oreo cookies as well as sweets blending chocolate and crackers, the company’s regional manager said.
Photographer: Vincent Mundy/Bloomberg

クッキー「オレオ」のメーカーとして知られる米モンデリーズ・インターナショナルは、米キャンベルスープ傘下の国際ブランド買収に向けて交渉を進めており、協議が進展している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、モンデリーズは「ティムタム」のメーカーであるオーストラリアのアーノッツ・ビスケットと、デンマークのケルセン・グループの買収条件について詰めの交渉を行っている。約25億ドル(約2770億円)前後の買収価格が話し合われているという。

  アクティビスト(物言う投資家)ダン・ローブ氏の圧力を受けるキャンベルスープは、3カ月に及ぶ事業見直しを経て、国際・生鮮食品部門を売却する計画を昨年8月に発表した。

  関係者によれば、交渉は最終合意に至っておらず、協議が物別れに終わったり、別の買い手が現れたりすることもあり得る。イタリアのフェレロのほか、KKRが後押しするコンソーシアムも先に関心を示していたという。

  キャンベルスープとモンデリーズ、KKRの担当者はいずれもコメントを控えている。フェレロの担当者に通常業務時間外に取材を試みたが、これまでのところコメントは得られていない。豪紙オーストラリアンは、モンデリーズが最終的に残った唯一の候補だと情報源を明らかにせず27日に報じていた。

原題:Mondelez Is Said in Advanced Talks for Campbell’s Cookie Assets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE