コンテンツにスキップする

コルゲート、ネスレのスキンケア事業売却に向けた入札参加へ-関係者

  • コルゲートとユニリーバは同事業の消費者部門だけに関心
  • スキンケア事業全体の売却額は最大100億ドルに上る公算

米消費財メーカー、コルゲート・パルモリブがネスレのスキンケア事業の消費者部門買収に名乗りを上げたと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  詳細が公表されていないことを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、洗顔・保湿剤「セタフィル」やにきび治療の「プロアクティブ」といったブランドを抱える同部門の入札に、コルゲートのほかユニリーバも加わっている。

  関係者によれば、ロレアルは入札から撤退した。最終的な決定はまだ下されておらず、ネスレは医療部門と消費者部門を別々に売却するか、一括して売却するかを決めていないという。コルゲートとユニリーバは消費者部門だけに関心を示しているものの、プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社と手を組んでスキンケア事業全体の買収提案を検討する可能性があると関係者2人が語った。

  スキンケア事業全体の売却額は80億-100億ドル(約8900億-1兆1100億円)に上る可能性があり、ネスレは一括での売却を望むだろうと事情に詳しい複数の関係者が今月先に明らかにしている。

  コルゲート、ネスレ、ユニリーバ、ロレアルの担当者はいずれもコメントを控えた。

原題:Colgate Is Said to Join Bidding for Nestle Skin-Health Business(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE