コンテンツにスキップする
Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

日本と新興国市場に注目、米国株は「リッチ」過ぎ-アライアンスB

  • 米利上げは終了だが年内の利下げもないだろう
  • 米国はまだリセッションに向かってはいない
An electronic ticker is displayed at the Tokyo Stock Exchange (TSE), operated by Japan Exchange Group Inc. (JPX), in Tokyo, Japan, on Monday, March 11, 2019. Japanese stocks rose, halting a four-day slide, as investors weighed U.S. employment data and watched for signs of progress on trade negotiations between the U.S. and China.
Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

米国株の最近の上昇でバリュエーションが伸び切っているため、米国以外の株式市場に投資機会があると、アライアンス・バーンスタインが指摘した。

  「株式相場は素晴らしく上昇し、米株のバリュエーションがかなりリッチなのは確かだが、妙味のある市場がほかに多くある。日本や新興国市場だ」と、セス・バーンスタイン最高経営責任者(CEO)兼社長が28日シドニーで述べた。「バリュエーションの問題がより明白になるにつれて、これらの市場の幾つかは相関性が低下するだろう」と語った。

  S&P500種株価指数は年初来12%上昇し、このままいけば第1四半期は2012年以来で最高の四半期になる。一方、日本株は今年最初の月間下落に向かっている。先進国のソブリン債利回りの急低下が世界経済の成長を巡る懸念を増大させていることが影を落としている。

U.S. stocks rally threatened by plunging bond yields may signal a slowdown

  バーンスタイン氏は、米国のイールドカーブで注目されている部分が先週、長短逆転したことについて、主として発行増が理由だとしてあまり心配していない。逆イールドは「リセッション(景気後退)の予測因子としてはOKだが、そのタイミングの予測因子としてはだめだ」と同氏は語った。

  米利上げは終了だが年内の利下げもないだろうとの見方も示し、米国はまだリセッションに向かってはいないと説明した。

原題:AllianceBernstein Looks to Japan, EM as U.S. Equities too ‘Rich’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE