コンテンツにスキップする

リフトのIPO規模は2600億円-価格は仮条件レンジ上限に

  • IPO価格に基づくと企業価値は約250億ドルと評価
  • 29日に取引開始の予定-ティッカーは「LYFT」
A Lyft driver navigates to her passenger in San Francisco.
A Lyft driver navigates to her passenger in San Francisco. Photographer: Mike Coppola/Getty Images
A Lyft driver navigates to her passenger in San Francisco.
Photographer: Mike Coppola/Getty Images

米配車サービス2位、リフトの新規株式公開(IPO) 規模が約23億4000万ドル(約2600億円)となった。IPO価格は仮条件レンジの上限に設定された。

  発表資料によると、リフト株3250万株のIPO価格は1株当たり72ドル。仮条件レンジは27日に70-72ドルに引き上げられていた。公開株式数は計画していた3080万株から増えた。

  以前の届け出で示されたIPO後の発行済株式数見通しに基づくと、リフトは約206億ドルと評価されることになる。制限株式やグリーンシューオプションを含めると、約250億ドルに達する。

  リフト株は29日に、ナスダックのグローバル・セレクト・マーケットで取引開始の予定だ。ティッカーは「LYFT」。

原題:Lyft Raises $2.34 Billion as U.S. IPOs Kick Into High Gear (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE