コンテンツにスキップする
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

英アストラゼネカ、増資で35億ドル調達へ-第一三共と開発提携

  • 既存および新たな機関投資家の株主に新株を割り当て
  • トラスツズマブ・デルクステカンを第一三共と共同開発
The AstraZeneca Plc logo sits on a sign on pharmaceutical and medical supply storage racks inside the Nippon Yusen K.K. pharma distribution center at the Port of Antwerp in Antwerp, Belgium, on Wednesday, May 10, 2017. The port is Europe's second-largest seaport and stands at the upper end of the tidal estuary of the River Scheldt.
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

英医薬品メーカーのアストラゼネカは28日、既存および新たな機関投資家の株主に新株を割り当てることで最大35億ドル(約3870億円)を調達する計画を明らかにした。がん治療薬トラスツズマブ・デルクステカンの共同開発で第一三共と合意したことも同時に発表した。

  発表資料によると、アストラゼネカは第一三共に契約一時金として13億5000万ドルを支払う。マイルストンの達成で支払われる報酬などを含めると、総額は最大69億ドル。両社は日本を除く全世界で利益と開発・販売などの費用を折半する。

原題:AstraZeneca Sets Share Sale, Inks $6.9 Billion Daiichi Drug Deal;AstraZeneca to Raise Up to $3.5 Billion Via Placing New Shares(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE