コンテンツにスキップする

モルガン・スタンレーのケレハー社長が6月末に退任

更新日時
  • ケレハー氏は一時ゴーマンCEOの後継候補とみられていた
  • ゴーマンCEOは後継社長を指名しなかった
モルガン・スタンレーのケレハー社長

モルガン・スタンレーのケレハー社長

Photographer: Pete Marovich
モルガン・スタンレーのケレハー社長
Photographer: Pete Marovich

米モルガン・スタンレーのケレハー社長が今年6月末で退任する。同氏は金融危機を社が乗り切るのを助け、一時ゴーマン最高経営責任者(CEO)の後任候補とみられていた。

  ゴーマンCEOが28日に従業員に送付した内部メモによると、ケレハー氏(61)は社長退任後もシニア・アドバイザーを務める。

Key Speakers At The 2013 Bretton Woods Committee International Council Meeting

モルガン・スタンレーのケレハー社長

Photographer: Pete Marovich/Bloomberg

  モルガン・スタンレーの債券セールス部門に1989年に入社したケレハー氏は2010年以降、投資銀行とトレーディングを監督。16年からはリテール・ブローカレッジの監督も引き受け、同社の2大事業の責任者となっていた。

  ゴーマン氏は新社長を指名せず、内部メモで、これまでケレハー氏直属の部下だった4人の幹部を自分が統括すると述べた。

原題:Morgan Stanley President Colm Kelleher to Retire at End of June(抜粋)

(社での経歴などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE