コンテンツにスキップする

トルコ・リラ、下げ続く-現地企業や個人がドル買い

  • 国内銀行への制限措置は一時的と政府当局者
  • イスタンブール時間午前9時47分現在は2.4%安

トルコの通貨リラは28日の取引で下落している。地方選挙を控えリラの空売りを阻止するために当局が流動性を制限したが、リラの値下がりが続いている。

  27日には外国人投資家がオフショアスワップ市場でリラを借り入れる翌日物レートが一時1000%を超えた。外国勢によるリラ空売りを防ぐため国内銀行が流動性を提供しないよう政府が圧力をかけているためだ。

  政府当局者はこの措置について一時的だと述べているが、27日はリラを買い戻してポジションを解消したい投資家が現金を確保するため債券や株式などのトルコ資産を売り、2年物トルコ国債の利回りは20%を突破、株式相場は昨年7月以来で最大の下落となった。

  リラは25、26両日は上昇したが、27日は下落。国内企業や個人がドルを買ったとトレーダー2人が匿名を条件に述べた。28日午前のイスタンブール市場でも続落し、午前9時47分現在は2.4%安の1ドル=5.4584リラとなっている。 

Overnight lira rate surges as traders rush to close out carry trades

原題:Lira Resumes Retreat Even as Turkish Swap Rates Surpass 1,000%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE