コンテンツにスキップする

ソニーの平井会長が取締役を退任へ、「ソニーを卒業」

更新日時
  • 事業売却や分社化進める、PS4も収益源に-報酬27億円
  • 「黒字にした人と歴史に」「ビジョンは提供せず」と作家の立石氏

ソニーは28日、平井一夫会長が取締役を退任すると発表した。今後はシニアアドバイザーとして、経営陣に助言する。

  平井氏は取締役退任理由について、1年前に社長兼最高経営責任者(CEO)職を退任した後の経営が順調に推移していると説明。「マネジメントチームと社員が一致団結し、ソニーという会社をより一層輝かせていく体制が整ったと確信し、35年間過ごしたソニーグループから卒業することを決めました」とコメントを発表した。

Sony Corp. News Conference To Announce The Change of CEO

ソニーを「卒業」する平井氏

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  平井氏は4期連続の純損失を計上した直後の2012年4月に社長に就任。テレビ事業の不振などで落ち込んでいた業績の立て直しに取り組み、事業売却や分社化などの構造改革を進めた。13年11月に発売したゲーム機「プレイステーション(PS)4」はスマホゲームが勢いを増す中で好調を維持し、ソニーの収益源となっている。

  社長6年目の2018年3月期の営業利益は7349億円と20年ぶりに過去最高を更新。平井氏の役員報酬は国内では異例の27億円だったことでも話題になった。18年4月に経営を吉田憲一郎社長兼CEOに引き継ぎ、会長に退いた。

  「さよなら! 僕らのソニー 」(文春新書)などの著書がある作家の立石泰則氏は 「黒字にした人と歴史に残るだろう」と評価した一方、「新しいソニーを作るとか、こうあるべきとか、ビジョンを提供した人ではない」と分析。「ソニーを本当に強くしたかは、疑問がある」と話した。

  平井氏の社長就任後のソニー株は、業績不振と民主党政権時代の円高なども嫌気され、一時772円まで下げたが、アベノミクスも後押しした13年以降は徐々に回復。20年ぶりの営業最高益を達成した後の昨年9月には07年以来の高値となる6973円を付けた。

平井氏が社長に就任した2012年4月以降のソニー株

  SBI証券の和泉美治シニアアナリストは平井氏について、就任時は市場にはハードウェアからの撤退を求める声もあった中、「コア事業を続けながらゲーム、映画、音楽とハードウェアを両輪でやるという基盤を作った。結果は出たので評価されると思う」と述べた。

  6月18日開催の株主総会で十時裕樹専務・最高財務責任者(CFO)が取締役に新任予定。隅修三・東京海上ホールディングス会長が取締役会議長となる。

(平井社長時代の株価の動きを追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE