コンテンツにスキップする

株投資に10年ぶり好機、バリュエーション格差拡大で-カイロス

  • 高品質の株式を魅力的な価格で買えるチャンスとバリュー株に期待
  • 1-2月のリターンはプラス10%、HFRX株式ヘッジ指数上回る

株式市場の割安株と割高株の格差は過去最高水準に近づいており、投資家に10年ぶりの好機をもたらしているとジュリアス・ベア・グループ傘下のヘッジファンド運営会社カイロス・インベストメント・マネジメントが指摘した。

  年初来の株価上昇で世界の株式時価総額が9兆ドル(約990兆円)増えたにもかかわらず、資金流出が続いていることで市場の一部では昨年12月の下げを埋められておらず、銘柄間でバリュエーションの差が拡大している。

  利益の伸びが平均を上回る割安銘柄は、さらに5年間の力強いリターンを求める投資家にとっては宝の山だとカイロスのフェデリコ・リジオ氏は語る。同氏が運用する3億1000万ユーロ(約384億円)規模のカイロス・ペガサス・ファンドは、ポルシェ・オートモービル・ホールディングやフォルクスワーゲン(VW)などの銘柄を長期保有している。

  ロンドン在勤のリジオ氏は電話取材で、「極めて高品質の株式を非常に魅力的な価格で買えるチャンスで、一部の銘柄についてはここ10年で最も魅力的なエントリーポイントの1つとなる可能性がある」と述べた。

  サンフォード・C・バーンスタインのクオンツ・ストラテジストらも今月に入り、バリュー株の持ち直しを予想していた。

relates to 株投資に10年ぶり好機、バリュエーション格差拡大で-カイロス

  カイロス・ペガサス・ファンドは欧州などのバリュー株を中心に、ロングショートやイベントドリブンなどの戦略を通じて株式に投資している。2月のファクトシートによると、1-2月のリターンはプラス10%程度と、ヘッジファンド・リサーチのHFRX株式ヘッジ指数の同期間のリターン(プラス4.7%)を上回った。

  同ファンドのリターンは2014年の創設以来ではプラス155%に上るが、ここ1年で見るとマイナス6.9%と不調。リジオ氏はバリュー株の低迷が原因だと分析している。

Global value shares haven't been this cheap to growth stocks since at least 2005

  リジオ氏は「長期にわたる良好な複利リターンを狙う人々にとって、こうしたバリュエーションのばらつきは極めて好ましい状況だと確信している」と語った。

Value stocks have been underperforming growth since the financial crisis

原題:Hedge Fund Manager Says Stock Price Gap Is Chance of Decade (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE