コンテンツにスキップする

大手銀行の低金利にうんざりか、米ネット銀行の預金の伸び加速

  • シティの預金金利は0.04%、JPモルガンは0.01%
  • ゴールドマン傘下マーカスなどのネット銀行では2%以上が一般的
A coin is dropped into a piggy bank in this arranged photograph.
A coin is dropped into a piggy bank in this arranged photograph.

Photographer: Ron Antonelli /Bloomberg

A coin is dropped into a piggy bank in this arranged photograph.

Photographer: Ron Antonelli /Bloomberg

米金融当局が利上げを開始してから3年たった今も、大手米銀の預金金利は驚くほど低い。シティグループは0.04%JPモルガン・チェースはさらに低い0.01%だ。

  これが可能なのは、顧客がもっと高い金利を受け取ることにそれほどこだわっていない様子だからだ。顧客はかまわずに預金し続けているため、これらの銀行は利ザヤを縮小させてでも金利を引き上げなければならないという圧力にさらされていない。

  ただ、大手銀よりもはるかに規模が小さく、よりデジタル化が進み、新規預金獲得に意欲的な銀行が登場し、積極的に預金者を引きつけようとしている。アメリカン・エキスプレスゴールドマン・サックス・グループの新コンシューマー事業部門「マーカス」を含むこうした銀行では、普通預金金利は2%以上が一般的だ。

  過去の水準と比較するとそれほど高くないように思われるかもしれないが、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標2.25-2.50%、米10年債利回り約2.4%と比較すると、この預金金利は悪くない。米国のインフレ率が1.5%にすぎないことを考えればなおさらだ。一部の米国人はようやくこれに気付き始めたようで、多くのオンライン銀行で預金の伸びが加速しつつある。

Shop Around

Interest on savings accounts varies dramatically, depending where you bank

Source: Bankrate.com, company websites

Note: Rates can change or vary based on depositor's location

原題:Sick of Getting 0.01% Interest? Online U.S. Banks Pay Much More(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE