コンテンツにスキップする
Photographer: PETER PARKS/AFP

世界の債券市場の時価総額が176兆円拡大-強気派の買いあさりで

  • 金利リスクたっぷりの100年債が突然、人気化
  • 世界の投資適格債および高利回り債の時価総額は55兆ドルに
People wait for a train at Circular Quay near the harbour in Sydney on July 5, 2016. Australia\'s central bank on July 5 held interest rates steady at an all-time low of 1.75 percent, with uncertainty about the Brexit impact and inflation outlook making it \"prudent\" to stay on hold. / AFP / PETER PARKS (Photo credit should read PETER PARKS/AFP/Getty Images)
Photographer: PETER PARKS/AFP

「日本化」と呼ぶべきか、質への逃避と呼ぶべきか、あるいは米金融当局の「ニューノーマル」への賭けか。強気派は先進国で最もリスクがある債券市場の一部でも買いあさっている。

  10年物米国債利回りは2017年12月以来の低水準となり、ドイツ国債利回りもマイナス幅を広げた。金利リスクたっぷりの100年債が突然、人気化した。ブルームバーグのデータによれば、世界の投資適格債および高利回り債の時価総額は、過去3週間に約1兆6000億ドル(約176兆円)増え55兆ドルに達した。

  フューチャーズ・ファーストのアナリスト、 リシ・ミシュラ氏は、「債券は取り乱してしまった。本当に必死に質を求めている」と話した。

Market value of bonds jumps by almost $1.6 trillion in three weeks

Century Bonds Outperform

Total return for Europe's longest bonds

Bloomberg

  オーストリアの2117年償還債券は今年、約15%のトータルリターンをもたらした。利回りがわずか54ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)のドイツの30年債券は7.7%上昇。より高リスクのジャンク債や新興市場債をしのいでいる。

原題:A $55 Trillion Bond Market Goes ‘Mad’ as Everything Rallies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE