コンテンツにスキップする

EU、自動車CO2排出削減目標の厳格化を決定-EV開発促進目指す

  • 欧州議会の採決で最後の政治的ハードルが取り除かれた
  • CO2排出量を25年に15%、30年に37.5%削減する目標を決定
Electric Cars In Oslo As Global Gasoline Consumption Has All But Peaked
Photographer: Fredrik Bjerknes/Bloomberg
Electric Cars In Oslo As Global Gasoline Consumption Has All But Peaked
Photographer: Fredrik Bjerknes/Bloomberg

欧州連合(EU)は電気自動車(EV)の開発加速を目指し、自動車の二酸化炭素(CO2)排出量目標を厳格化することを決めた。

  欧州議会は27日にフランス・ストラスブールで行われた採決で、2030年のCO2排出量を21年比で37.5%削減する目標を設定。また、25年のCO2排出量を15%削減する中間目標も決定した。

  欧州の気候変動対策強化を目的とした新たな排出量目標設定で、最後の政治的ハードルが取り除かれる形となった。 EU各国は昨年12月に欧州議会と新たなCO2排出量目標で合意に達しており、既に新目標への支持を表明している。欧州議会による最終承認は4月15日に予定されている。

原題:EU Toughens CO2 Limits for Cars in Bid to Spur Electric Vehicles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE