コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国経済、3月も持ち直しの兆し-株価や中小企業景況感がけん引

  • 政策効果で安定化、自律回復からは距離残る-曲天石氏
  • スタンダードチャータードの中小企業指数は10カ月ぶり高水準
A worker pulls a cart under the Liede Bridge over the Pearl River in Guangzhou, China, on Wednesday, Nov. 1, 2017. China is poised for an acceleration of deals as confidence grows in the wake of last month’s Communist Party gathering and as the nation opens up to reforms.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国経済は3月も回復の兆しを示した。ただ、景気に対する下方圧力は根強く残っている。

  ブルームバーグ・エコノミクスは市場センチメントや業況に関する先行指標をまとめ、独自に指標を作成している。株価や中小企業の景況感がけん引役となり、貿易関連データやセールスマネジャー調査も改善を示した。一方、銅価格や生産者物価は低迷を示唆している。

Rising Confidence

Investors, small businesses and sales managers see better outlook

Source: Bloomberg Economics

Note: Bloomberg Economics generates the overall activity reading by aggregating the three-month weighted averages of the monthly changes of eight indicators, which are based on business surveys or market prices.

  中国当局は景気減速に対処するため、中小企業への与信拡大を誘導。今月には記録的な規模の減税を発表した。米中が通商合意に近づいているとの報道も楽観的な見方を後押しする材料になっているが、世界貿易を巡る厳しい見通しは引き続き警戒を要する根拠になっている。

  ブルームバーグの中国担当エコノミスト、曲天石氏は中国経済について、「政策を原動力とした安定化は根付きつつあるものの、自律的回復からは距離」が残っていると指摘。「政府主導の投資が景気安定化でより重要な役割を担うだろう」とコメントした。

  スタンダードチャータードが中小企業500社余りを対象にまとめている指数は3月に10カ月ぶりの高水準を記録しており、政策効果が表れている。項目別の指数によると、内外需が共に持ち直し、販売や生産を後押しした。与信環境を測るサブ指数も上昇し、2017年以来の高い水準を付けた。

  スタンダードチャータードの中国担当エコノミスト、陳冠霖氏(香港在勤)は「比較的力強い財政刺激策や緩和バイアスを維持する金融政策が中国経済にバッファーを提供する」と指摘。4-6月(第2四半期)の景気底入れ、年後半の持ち直しを見込んだ。

原題:China’s Economy Shows More Signs of Recovery, Earliest Data Show(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE