コンテンツにスキップする

【NY外為】ドルと逃避先通貨が上昇、ポンドは不安定

更新日時
  • ドル指数続伸-新興国市場と米国株落ち込み、米国債利回りは低下
  • ポンド下げに転じる、首相のEU離脱案支持しないと民主統一党

27日のニューヨーク外国為替市場ではドルが主要10通貨の大半に対し上昇。ドル指数は2日続伸となった。新興国市場と米国株が幅広く落ち込む中で、逃避先通貨が値上がりした。メイ英首相の欧州連合(EU)離脱案への支持が広がる中でポンドは上昇していたが、民主統一党(DUP)が同案を支持しないと表明した後、上げを失った。

  • ニューヨーク時間午後4時55分現在、ブルームバーグのドル・スポット指数は前日比0.2%上昇。1月の米貿易赤字が予想以上に縮小したことを受け、指数は上げ幅を拡大
    • 世界経済の成長を巡る懸念から株安となり、米10年債利回りは2.4%を割り込んだ
    • 四半期末を控え、ドル指数は約2週間ぶりの高水準を付けた
    • 1月の貿易赤字は511億ドルに縮小。中国からの輸入が急減したことが背景。米中は28日に通商問題で高官級協議を再開する
  • 円とスイス・フランが主要通貨の中で特に好調
    • オフショア市場でトルコ・リラを借り入れる翌日物スワップレートが1000%に到達。ブラジル・レアルとメキシコ・ペソに下落圧力がかかった
  • ポンドはドルに対し0.2%安の1ポンド=1.3189ドル
    • 3度目の離脱案下院採決で英政府を支持せず-DUP
    • メイ英首相は保守党議員に対し、EU離脱が実現したら辞任する意向を表明
    • ボリス・ジョンソン前英外相は、過去に拒否していた首相の離脱案の支持に回ると表明
  • ドルは円に対し0.1%安の1ドル=110円51銭。対円相場でのユーロ売りが背景
    • ドルはニューヨーク午前の取引で110円24銭で日中安値を付けた
  • ユーロはドルに対し0.2%安の1ユーロ=1.1246ドル
    • ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が域内経済の成長が最終的に加速することに自信を示す一方、緩和的な政策姿勢は依然必要だと述べたことを受け、一時は0.2%高となっていた
    • ユーロが日中を通じ1.30ドルを突破できなかったのは3月11日以降で初めて
  • ニュージーランド(NZ)ドルは米ドルに対し一時1.7%安。NZ準備銀行(中央銀行)の見解が予想以上にハト派だったことが材料視された

欧州時間の取引

  ドラギECB総裁が域内経済の成長加速への自信を示したことを受け、ユーロが上昇。世界的な債券高・株安を背景に、円とスイス・フランも上昇した。NZ金融当局が今後の政策金利変更は引き下げ方向になる可能性の方が高いとの見解を示したことから、NZドルは7週ぶりの大幅下落となった。

原題:USD, Havens Climb as Pound Gains on Brexit Optimism: Inside G-10(抜粋)
DUP Says It Won’t Support U.K. Government In Vote on Brexit Deal
Draghi Supports the Euro as Haven Currencies Climb: Inside G-10

(相場を更新し、情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE