コンテンツにスキップする

米J&J:オクラホマ州の女性と和解-ベビーパウダー訴訟

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のベビーパウダーに使用されたタルク(滑石)にアスベストが混入し、がんを引き起こしたとして、オクラホマ州の女性が同社を相手取って起こした訴訟で、J&Jと女性との間で和解が成立した。和解条件は開示されていない。

  一方、ニュージャージー州では同様の裁判で陪審が同日、J&Jに責任はないとの判断を下した。2週間前には、カリフォルニア州での訴訟で、州地裁陪審がJ&Jには約2900万ドル(約36億円)の賠償義務があると認定していた。

原題:Johnson & Johnson Settles Oklahoma Talc-Cancer Case(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE