コンテンツにスキップする
Photographer: MundusImages/iStockphoto

米企業のレパトリ6650億ドル、トランプ氏公言の4兆ドルに届かず

The Manhattan skyline of New York City.
Photographer: MundusImages/iStockphoto

米企業が本国に還流した海外利益は昨年で6649億ドル(約73兆4400億円)にとどまり、トランプ米大統領が2017年の税制改革の結果戻ってくると想定した4兆ドルを下回った。

  2018年10-12月(第4四半期)のレパトリエーション(国外滞留資金の本国環流)は859億ドルで、前期の1007億ドルから減少し、昨年の最低水準となった。米商務省が27日発表した経常収支のデータで明らかになった。1-9月のレパトリエーションは5790億ドルと、前回発表の5713億ドルから上方修正された。

  税制改革法が施行される前の2017年からは、レパトリエーションは増加している。同年は1551億ドルだった。

  昨年第4四半期の経常赤字は1344億ドルと、前期の1266億ドルから拡大した。

U.S. companies are repatriating less than the $4 trillion Trump touted

原題:Trump’s Offshore Cash Promise Falters as $665 Billion Returns(抜粋)

(統計の新たな情報を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE