コンテンツにスキップする

サウジアラムコ、化学公社株購入で合意-691億ドルは中東で過去最大

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、同国の政府系ファンドから化学大手サウジ基礎産業公社(SABIC)の過半数株式を購入することで合意した。

  発表によれば、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)が保有する70%のSABIC株の購入価格は1株当たり123.4リヤル、総額691億ドル(約7兆6300億円)と、中東で過去最大規模となる。サウジ株式市場で取引されている残りの株式は含まれない。

  サウジアラムコは昨年、新規株式公開(IPO)の計画を延期し、代わりにSABIC株取得の交渉に入っていた。サウジのムハンマド皇太子はアラムコには2兆ドルの価値があるとの見方を示したが、国際投資家は賛同しなかった。
  

原題:Saudi Aramco Is Said to Near Deal for $70 Billion Stake in Sabic(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE