コンテンツにスキップする

独インフィニオンが通期見通し下げ、中国自動車販売が減速-株価急落

27日のフランクフルト株式市場で、ドイツの半導体メーカー、インフィニオン・テクノロジーズの株価が急落。通期見通しの下方修正が嫌気され、昨年11月以降で最大の下げを演じた。同社は世界経済を巡る不確実性や、中国での自動車販売減速を理由に挙げている。

  インフィニオンは発表文で、「多くのエンドマーケットが引き続き低調だ」と指摘。「特に中国での自動車販売の減少傾向が2月に強まり、ディーラーの在庫が急増した」と説明した。

  インフィニオンは売上高について、前年比5.3%増の80億ユーロ(約9930億円)からプラスマイナス2%を予想。従来は9%増と見込んでいた。

  発表を受けインフィニオンの株価は急落、一時8.6%安となった。日中の下落率としては11月12日以降の最大。

原題:Infineon Drops After Slashing 2019 Outlook on China Car Weakness(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE