コンテンツにスキップする

サウスウエスト航空:売上高1.5億ドル縮小を予想、MAX停止などで

米サウスウエスト航空はボーイング737MAX機の運航停止に加え、観光旅行の需要が弱いため、1-3月(第1四半期)の売上高が1億5000万ドル(約166億円)押し下げられるとの見通しを示した。同社は業界最多の737MAX機を運航している。

  サウスウエストは27日、米政府機関の一部閉鎖の影響で売り上げに6000万ドル相当の打撃が及んだところに、今回の悪影響が加わったと説明。MAXの運航停止や悪天候などで2月中旬から3月後半にかけて9400便がキャンセルに追い込まれたと発表した。

  サウスウエストはMAXの運航停止の影響で、毎日およそ130便をキャンセルしている。MAXの運航停止で営業コストが膨らんでおり、格安運賃の提供を効率性に依存する同社にとって営業コストは重要な要素。

原題:Southwest Sees $150 Million Revenue Hit as Max Grounding Weighs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE