コンテンツにスキップする

英BT:追加人員削減を検討、従業員数25%カットも-関係者

英電話大手BTグループは事業再建の強化を検討しており、現在10万人強の従業員を5年間で25%削減する可能性がある。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  協議が非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によると、BTは後方支援業務の自動化推進や一部事業の廃止、マネジメントの合理化などで従業員数を7万5000人に引き下げる目標を内部で協議した。

  BTは昨年5月に3年間で1万3000人を削減する計画を発表しており、今回はそれを大きく上回る削減となる。

  今回の人員削減は、フィリップ・ジャンセン氏が2月に最高経営責任者(CEO)に就任する前に協議されており、ギャビン・パターソン前CEOが目指した15億ポンド(約2200億円)の経費削減に加えて、さらに年間数億ポンドの節減効果が見込まれているという。関係者の1人よると、昨年発表した削減計画はすでに4分の1程度実行済み。

  今回の人員削減協議は初期段階であり、計画を変更する可能性もあるという。BTが正式発表するまで数カ月間はかかるとみられ、ジャンセン氏が5月の通期決算発表で経営方針を明らかにした後になるだろうと、関係者は述べた。

  BTの広報担当者は今回の人員削減についてコメントを拒否した。

Work in Progress

BT generates less revenue per employee than European peers

Source: Bloomberg data (euros)

原題:BT Is Said to Mull Deeper Overhaul to Shrink Workforce by 25%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE