コンテンツにスキップする

リラ求めトルコ資産投げ売り-当局がスワップレート急騰招く

更新日時
  • 外国勢によるリラ空売りを防ぐため流動性提供しないよう政府が圧力
  • 「この市場を21年間見ているが、こんなことは初めて」-リマー氏
An illuminated advertising board displaying the Turkish national flag stands in the terminal during the official opening ceremony for the new Istanbul Airport in Istanbul, Turkey

An illuminated advertising board displaying the Turkish national flag stands in the terminal during the official opening ceremony for the new Istanbul Airport in Istanbul, Turkey

Photographer: Kostas Tsironis/Bloomberg
An illuminated advertising board displaying the Turkish national flag stands in the terminal during the official opening ceremony for the new Istanbul Airport in Istanbul, Turkey
Photographer: Kostas Tsironis/Bloomberg

投資家がトルコの債券と株式の投げ売りに動いた。地方選挙を控え通貨リラの下落を阻止するために当局が演出したリラ不足が原因だ。

  27日の取引で外国人投資家がオフショアスワップ市場でリラを借り入れる翌日物レートは一時1000%を超えた。外国勢によるリラ空売りを防ぐため国内銀行が流動性を提供しないよう政府が圧力をかけているためだ。

  このためリラを買い戻してポジションを解消したい投資家は債券や株式などのトルコ資産を売って現金を確保するしかなくなった。2年物トルコ国債の利回りは20%を上回り、株式相場は昨年7月以来で最大の下落となった。

  インベステック銀行のトレーダー、ジュリアン・リマー氏(ロンドン在勤)は「この市場を21年間見ているが、こんなことは初めてだ。長期的な実用主義を短期の政治的目的のために犠牲にしている。このような戦術はリラが投資可能な資産だということに疑問を生じさせる」と話した。

Overnight lira rate surges as traders rush to close out carry trades

原題:Investors Scramble for Liras as Turkish Swap Rates Touch 1,000%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE