コンテンツにスキップする

ドラギ総裁、下振れリスクを認識-ECBはマイナス金利について分析

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は27日、ユーロ圏の経済見通しに対するリスクは依然として景気下振れ方向で、インフレの回復は遅れるとの認識を示した。マイナス金利を含む緩和的な金融政策の継続が必要だと指摘した。

  「場合によっては、マイナス金利の経済へのプラス効果を、副作用があるとすればそれを軽減しながら維持する方法について検討する必要があるかもしれない」と語った。 「とはいえ、銀行の収益力の低さはマイナス金利の不可避の結果ではない」と付け加えた。

原題:Draghi Sees Risks on Downside as ECB Analyzes Negative Rates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE