コンテンツにスキップする

米利下げ求めたムーア氏、辛抱強さ唱える金融当局者との違い鮮明に

  • 大統領がFRB理事に指名方針のムーア氏、0.5ポイント利下げ訴え
  • 大統領にへつらうことはないとも発言-NYT紙とのインタビューで

トランプ米大統領が連邦準備制度理事会(FRB)理事に指名する意向のスティーブン・ムーア氏は、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)とのインタビューで、米金融当局が直ちに方針を転換し政策金利を0.5ポイント引き下げるべきだとの考えを示した。

  このコメントは、現職の米金融当局者による最近の発言とは非常に異なるものだ。サンフランシスコ連銀のデーリー総裁は26日、適切な政策は辛抱強くあることだと記者団に説明。19、20両日の連邦公開市場委員会(FOMC)以降に意見表明の機会があったミネアポリス連銀のカシュカリ総裁とシカゴ連銀のエバンス総裁も慎重な姿勢を呼び掛けている。

  ボストン連銀のローゼングレン総裁は22日のブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、経済成長とインフレの見通しに関し、他のFOMC参加者の大半に比べ自分は「もっと楽観的だ」と語った。

  一方、保守系シンクタンク、ヘリテージ財団の客員研究員でトランプ氏の長年の支持者であるムーア氏はNYT紙とのインタビューで、上院で指名を承認されても、自分はトランプ大統領の「おべっか使い」にはならないだろうと述べた上で、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の辞任を求めた自分の先の発言を悔いているとも話した。

Trump Says He'll Nominate Stephen Moore To Federal Reserve Board

スティーブン・ムーア氏

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  
原題:Moore’s Call for Fed-Rate Cut Jars With Board’s Defense of Pause(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE