コンテンツにスキップする
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

広発証券、ヘッジファンドの1つが150億円超の損失-為替動向響く

  • 損失の規模は2017年の同社利益の10%余りに相当
  • ファンドの純資産額は昨年12月末時点で4400万ドルのマイナス
The Kingdom Tower, center rear, in Riyadh.
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

広発証券は、同社のヘッジファンドの1つが「外国為替相場の変動によって大幅な損失を被った」と明らかにした。損失の規模は2017年の同社利益の10%余りに相当するという。

  香港証券取引所への27日の届け出によると、GTECパンディオン・マルチストラテジー・ファンドSPは18年に1億3900万ドル(約154億円)を失い、ファンドの純資産額は同年12月末時点で4400万ドルのマイナスだった。これにより、広発証券の18年純利益は9億1900万元減少。これは17年利益の10%余りだという。

  米銀シティグループはGFホールディングス(香港)が運用するヘッジファンドに資金を貸し付けており、これについて最大1億8000万ドルの損失に直面していると、事情に詳しい関係者が昨年12月に述べていた。シティでは取締役会レベルでの協議となり事業再編につながったという。

原題:GF Securities Says One of Its Hedge Funds Lost $139 Million (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE