コンテンツにスキップする
Photographer: Simon Dawson

JPモルガンの内部告発者2人に計55億円強、SECが支払いへ

  • 1人は3700万ドル、SECの内部告発者プログラムで3番目の額
  • 弁護士によると依頼人はJPモルガンの幹部
Commuters walk past the JP Morgan building in the Canary Wharf business, financial and shopping district of London, U.K., on Wednesday, Oct. 28, 2015.
Photographer: Simon Dawson

米証券取引委員会(SEC)は、米銀JPモルガン・チェースの内部告発者2人に対し計5000万ドル(約55億2300万円)を支払うことに合意した。2人が提供した情報に基づきSECはJPモルガンが富裕層顧客の資産管理に当たって利益相反について開示するのを怠ったと主張。JPモルガンが2億6700万ドルを支払う決着に至った。

  情報提供者の1人は3700万ドルを受け取る。SECが26日、声明で発表した。SECの内部告発者プログラムの下での支払いで3番目に大きい額となる。SECは機密保持を保護する連邦法に基づき、関与した企業や個人を公表しない。

  内部告発者の1人の代理人である法律事務所ラバトン・サチャローが、SECの発表後にJPモルガン関連であることを明らかにした。ジョーダン・トーマス弁護士によると、依頼人はJPモルガンの幹部。

原題:Whistleblowers Awarded $50 Million by SEC in JPMorgan Case (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE