コンテンツにスキップする

中国:今年の米国産豚肉輸入、過去最高を更新か-関係者

  • 19年の中国の米国産豚肉輸入は最大30万トンに達する可能性
  • 中国でのアフリカ豚コレラの流行が輸入量に影響する見込み

中国は今年、米国産豚肉の輸入を過去最高の水準に拡大する可能性があると事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。貿易摩擦解消に向け米農産品購入を増やす取り組みの一環だという。

  関係者によると、2019年の中国の米国産豚肉輸入は最大30万トンに達する公算がある。これは米中間の貿易対立が激化する以前の17年(16万6000トン)を81%上回る水準。中国からの注文は今年前半だけで20万トンに到達するかもしれないと関係者1人は語った。

Big Bite

China plans to boost U.S. pork imports amid trade talks

General Administration of Customs

  関係者1人によれば、最終的な輸入量は中国でのアフリカ豚コレラ(ASF)の流行に左右されそうだ。昨年8月に最初の症例が報告されて以来、中国の養豚業は大きな打撃を受けている。

  米農務省は今年の中国の豚肉輸入が全体で28%増加し、ブラジルが最大の受益者になると予想している。中国商務省にファクスを送ったが、今のところ返答はない。

Map

8月以降のアジアでの集団発生、赤は3月に報告された症例を示す

原題:China Is Said to Plan Record U.S. Pork Imports This Year (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE