コンテンツにスキップする

米下院、大統領の拒否権覆せず-国境の壁巡る非常事態継続へ

  • 共和党の大半が反対票を投じ、必要な3分の2の賛成票に届かず
  • トランプ大統領にはモラー特別検察官の捜査に続く勝利となった

米下院は26日、トランプ大統領のメキシコ国境に関する非常事態宣言を阻止する決議に大統領が行使した拒否権を覆すための採決を行ったが、必要な3分の2の賛成票には届かなかった。大統領にとってはモラー特別検察官のロシア疑惑捜査に続く勝利となった。

  採決は賛成248、反対181。下院は民主党が過半数議席を占めるが、共和党の大半が反対票を投じた。米国民の間では非常事態宣言の評判は悪い。採決の結果、トランプ大統領が非常事態宣言によって国境の壁建設の追加予算を確保するのを阻止しようとした民主党の取り組みは頓挫した。また大統領の共和党議員への影響力が引き続き強いことが明らかになった。

原題:Trump’s Border Emergency Survives as Veto Override Falls Short(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE