コンテンツにスキップする

ボーイング737MAX耐空証明、中国が申請受け付け停止

  • 機体制御ソフトの修正不十分と判断なら飛行できない状況続く可能性
  • 中国とエアバスは350億ドル相当の契約に至ったばかり

中国当局はボーイングの737MAXを巡り、「耐空証明」申請の受け付けを停止した。2件の墜落事故を受け、737MAXの安全性を判断するには改修案を審査する必要があると説明した。

  今回の措置により、中国当局が一連の墜落に関連した機体制御ソフトウエアの修正が不十分だと判断した場合、737MAXが中国国内を飛行できない状況が続く可能性が浮上している。エチオピア航空機墜落事故の翌日にあたる11日に中国はMAXの運航を停止している。

  中国民用航空局は、737MAXを取り巻く不確実性とエチオピア航空機墜落の調査の焦点となっている失速防止システムを踏まえ、今回の決定に至ったと表明。ボーイングから改修に関する詳しい説明を受け次第、これを見直すという。

  中国はエアバスと、737最大のライバル機種であるA320シリーズを中心に、350億ドル(約3兆8700億円)相当の契約に至ったばかりで、ボーイングにとっては新たな打撃となる可能性がある。

原題:China Suspends Airworthiness Certificate for Boeing 737 Max (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE