コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル上昇、逃避先通貨は安い-株式持ち直しで

更新日時
  • リスクセンチメントが改善、円のパフォーマンスは主要通貨で最悪
  • ポンドは小高い、メイ首相のEU離脱案が支持広げつつあるとの見方

26日のニューヨーク外国為替市場では、リスクセンチメントの改善を受けて逃避先通貨が下落。住宅市場と消費者信頼感に関する米指標は予想より弱かったが、米国債利回りが上昇したことが手伝ってブルームバーグのドル指数は上昇した。メイ英首相の欧州連合(EU)離脱案が支持を広げつつあるとの見方が広がり、ポンドは小高い。

  • ニューヨーク時間午後4時49分現在、ブルームバーグのドル・スポット指数は前日比0.2%上昇。前日の下落分を取り戻した
    • 米10年債利回りが3営業日ぶりに上昇する中、ドル・スポット指数はプラスを維持
    • ドルは主要10通貨に対してまちまち
    • 米指標では、1月の20都市住宅価格指数が前年比3.6%上昇、3月の消費者信頼感指数が124.1への低下で、いずれもエコノミスト予想に届かず
  • ドルは円に対し0.6%高の1ドル=110円61銭
    • ドルは一時0.7%上昇、2月11日以来の高値の110円69銭を付ける場面があった
    • 円のパフォーマンスは主要通貨の中で最悪。ただ、20都市住宅価格指数が2012年後半以来の小幅な伸びにとどまったことなどを背景に、円の下げ幅は縮小した
    • ドルの目先の上値抵抗線は110円81銭
      USD/JPY rebounds after brief dip into cloud
  • その他の逃避先通貨では、スイス・フランが幅広い通貨に対して下げ
  • ポンドは対ドルで0.1%高の1ポンド=1.3210ドル
    • EU離脱推進派のジェイコブ・リースモッグ議員がメイ英首相の離脱協定案を支持する考えを示唆したことを受け、ポンドは上昇に転じた
  • ユーロはドルに対し0.4%安の1ユーロ=1.1267ドル。広範なドル買い、また対ポンドでのユーロ売りを背景に、日中安値近辺での取引に
  • オーストラリア・ドルは対米ドルで0.3%高。この日は米原油先物が上昇、1バレル=60ドル近辺で推移した

欧州時間の取引

  このところのリスク資産急落は行き過ぎとの見方で米国債が下げ、ドルが前日の下げを一部埋めた。ポンドは英のEU離脱に関連する動きと薄商いの中、前日終値を挟んでもみ合い。円は主要10通貨全てに対し下落した。

原題:Dollar Rises, Havens Slip as Equities Rebound: Inside G-10(抜粋)
Dollar Gains With Treasury Yields as Pound Advances: Inside G-10

(相場を更新し、情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE