コンテンツにスキップする

米ベッド・バス&ビヨンド株が19年ぶり大幅高-アクティビスト計画で

  • ファンド3社、テマレスCEOの交代を目指す-関係者
  • ベッド・バスの株価は過去1年間に34%下落

26日の米株式市場で、家庭用品小売りのベッド・バス・アンド・ビヨンドが一時29%急伸し、19年ぶりの大幅高となった。アクティビスト(物言う投資家)が同社取締役会に委任状争奪戦を挑んでいるとの報道が背景。

  アクティビストファンド3社が、ベッド・バス取締役全員の交代を目指し活動を開始すると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。電子商取引の台頭に同社が十分に対応していないことを懸念しているという。

  合計でベッド・バス株式の約5%を握るリージョン・パートナーズ・アセット・マネジメントおよびマセラム・アドバイザーズアンコラ・アドバイザーズの3社は、スティーブン・テマレス最高経営責任者(CEO)の交代を模索している。関係者は匿名で述べた。

  同社にコメントを求めたところ、「株主の見解や価値向上に重点を置いた建設的な意見を、当社は排除しない」と電子メールでコメントした。

Bed Bath & Beyond jumps to highest since September

  ベッド・バス・アンド・ビヨンドの株価は26日、一時17.95ドルまで上昇。同社の目標達成能力に関して懐疑的な見方が広がったことから、過去1年間では34%下落している。

原題:Bed Bath & Beyond Surges Most Since 2000 on Activist Plans (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE