コンテンツにスキップする

シティグループを提訴、年齢差別受けたと56歳の英男性バンカー主張

A man walks past Citigroup Inc. offices in New York.
A man walks past Citigroup Inc. offices in New York. Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg
A man walks past Citigroup Inc. offices in New York.
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

ロンドンに住む56歳の男性バンカーが元雇用主の米シティグループを相手取り、年齢差別を受けたとして訴えを起こした。この男性は2017年に解雇されるまで同行に約30年勤務していた。

  ニールス・カーク氏はエネルギー企業向けバンキングのマネジングディレクターだった17年11月に、シティをレイオフされた。同氏はこの時55歳。ロンドンの裁判所に26日提出された文書によると、カーク氏はインベストバンキングの幹部から、「あなたは年を取っており、やり方を変えようとしない」と告げられた。その後リストラの一環として解雇された。

  シティのエドウィナ・フローリーガンガハー広報担当は電子メールで「当行は訴訟で名指しされた従業員を支えていく。そして一連の訴えに対して徹底的に弁護する」と述べた。

  シティグループが提出した記録によると、同行の欧州・中東・アフリカ地域コーポレートバンキングでは、2016年時点でマネジングディレクターだった51人のうち、55歳を超えていたのは3人だった。50歳以上は15人だった。

原題:Citigroup Sued for Age Discrimination by 56-Year-Old U.K. Banker(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE