コンテンツにスキップする

ウォール街のボーナス、18年は平均17%減

A man walks along Wall Street.

A man walks along Wall Street.

Photographer: Michael Nagle
A man walks along Wall Street.
Photographer: Michael Nagle

ウォール街のボーナスは2018年に平均で17%減の15万3700ドル(約1700万円)と、3年ぶりに減少したことが分かった。ニューヨーク州のディナポリ会計監査官が26日、暫定値として明らかにした。

  • ボーナス留保金は14%減の275億ドル-ニューヨーク市では金融業界の雇用が増加
  • ニューヨーク証券取引所のメンバー企業によるブローカーディーラー業務の税引き前利益は11%増加したものの、ボーナスは減少

Bonuses Slide

Wall Street's average payouts dropped 17% last year

Source: New York State Comptroller

インサイト

  • ディナポリ氏は事業分野別のボーナス内訳には触れていないが、報酬コンサルタントのジョンソン・アソシエーツの昨年11月の予想に基づくと、株式トレーダーのボーナスが最も多かった可能性が高い。一方、債券トレーダーやM&Aアドバイザーなどは低調だったもよう
  • 報酬に関する悪いニュースは今年も続く可能性がある。ジョンソン・アソシエーツは2月、ボーナスと給与を含めた報酬は2019年に減少する可能性が高いと予想-手数料減や不安定な市場環境が企業の収入を圧迫するという
  • 雇用者数は10年ぶり高水準。ウォール街はテクノロジーやコンプライアンスの部門で従業員を増やしている

原題:Wall Street Average Bonus Slid 17% in 2018, New York State Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE