コンテンツにスキップする

ボーイング株は「積極買い」を、リスク織り込み済み-ベアード

米ボーイングは最近の株価急落によって、737MAXの運航停止と2019年業績見通しを修正する可能性がすでに織り込まれたため、投資家はボーイング株を「積極的に」買うべきだと、ロバート・W・ベアードのアナリスト、ピーター・アーメント氏は26日付の顧客向けリポートで指摘した。

  アーメント氏は「現在の水準で、ボーイング株のリスク・リワードは非常に魅力的だ」とし、短期投資家も長期投資家も積極的に買うことを勧めると述べた。

  26日の米市場でボーイング株は一時、前日比1.4%高となる場面があった。10日のエチオピア航空機墜落以降では12%安。

  アーメント氏は、737MAX向けのソフトウエアが数日中に更新され、運航停止の解除や納入再開に直ちにつながると見込んでいる。同氏は2019年の納入数と業績の見通しをいずれも下方修正し、納入数871機(30機引き下げ)、通期1株利益19.85ドル(40セント引き下げ)とした。ブルームバーグがまとめたデータによると、1株利益に関するアナリスト予想の平均値は20.14ドル。

原題:Buy Boeing Shares as Risks Are Already Priced In, Baird Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE