コンテンツにスキップする

金利低下が住宅建設業者の「全ての傷を癒やす」-JPモルガン

  • 投資家は10年債利回りの低下に注目する可能性が高い
  • KBホームやレナー決算の悪い内容は材料視しない可能性

住宅建設業者の株価は上昇を続ける環境が整っている可能性があると、JPモルガンのマイケル・ロート氏がリポートで指摘した。投資家は金利低下について楽観しているため、KBホームやレナーの決算が失望される内容になっても重要視しない可能性が高いという。

  10年債利回りの低下が「すべての傷を癒やす」とロート氏は述べた。

  26日の引け後に2018年12月-19年2月(第1四半期)決算を発表する予定のKBホームは、今年に入って25%値上がり。27日朝に発表を予定しているレナーは26%急上昇し、値上がり率はS&P500種株価指数の約2倍となっている。米10年債利回りは25日に一時2.3754%と、2017年12月以来の低水準を付け、米金融市場では19年中の利下げ1回が織り込まれている。

KB Home, Lennar outperform as interest rates drop

  投資家は「ポジティブな指標や住宅建設業者のコメント」にも注目している可能性があると、ロート氏は分析した。

原題:JPMorgan Says Lower Interest Rates Heal All for Homebuilders (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE