コンテンツにスキップする

中国、インターネット監督当局元幹部に14年の実刑判決-収賄の罪

米アップルやフェイスブックの幹部らと交流した中国インターネット業界の有力者に、14年の実刑が言い渡された。中国のインターネット監督当局である国家インターネット情報弁公室で主任を務めた魯煒被告は、収賄の罪で服役することになる。

  新華社通信によると、浙江省寧波の中級人民法院(地裁)は26日、収賄罪に問われた同被告に有罪判決を下した。魯煒被告は監督当局に絡む問題の解決や、オンラインでの事業販促を求めてきた企業や個人から3200万元(約5億2700万円)の賄賂を受け取っていたという。

  新華社によると、同被告は昨年10月に罪状を認めており、判決に従って控訴しない意向を示している。

Chinese President Xi Jinping Visits Washington State

2015年9月、ワシントン州で談笑する習近平国家主席、ザッカーバーグ氏、魯煒被告

ブルームバーグ

原題:China’s Former Top Internet Regulator Jailed for 14 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE