コンテンツにスキップする

ベネズエラで再び大規模停電、学校は閉鎖され労働者は自宅待機

  • 原因は米国や反対派による攻撃や妨害と、政府は説明
  • 国民は政府の言い訳を信じていない-グアイド国会議長

国内の大部分が再び停電に見舞われているベネズエラでは26日、学校が閉鎖され、政府は労働者に自宅待機を指示した。

  25日午後から続く停電は解消されたと同国の通信情報相および副大統領は述べていたが、同日夜には再び首都カラカスで停電となった。通信情報相は当初、停電の原因は政敵によるシステムへの「攻撃」だと説明していた。

  ベネズエラでは今月上旬に発生した停電が1週間に及び、主要都市では略奪行為が横行、発電設備のない病院では深刻な事態となった。多くの市民が3度の食事も困難な状況にもかかわらず、食品は腐敗し廃棄された。食品の腐敗を手をこまねいて見るしかなかった。マドゥロ大統領は引き続き米国や国内の反体制派が送電網の妨害や攻撃を行っていると批判するが、反対派はマドゥロ政権が老朽化するインフラ設備への投資や保守点検を怠ってきたと主張する。

  約60カ国からベネズエラの指導者として承認を受けたグアイド国会議長は、国民はもはや政府の言い訳を信じていないとツイッターに投稿し、「彼らは腐敗したうそつきだ」と批判した。

Power Outage Hits Caracas, Other Major Venezuelan Cities

カラカスの街頭。「灯りはある?」と落書きされた壁の前にたむろする住民たち。

撮影: Carlos Becerra/Bloomberg

原題:Venezuela Suspends School, Work Activities on Power Outages(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE