コンテンツにスキップする

バークレイズとBBVAがAT1債発行、償還の準備か-慎重な見方も

  • サンタンデール銀行が先に償還を見送った例があり確実視できず
  • 両行は先週、新たにAT1債を発行-既発債と置き換えの可能性

英銀バークレイズとスペインのビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)は、高リスクの銀行債であるその他ティア1(AT1)債の早期償還の準備をしている可能性がある。ただ、サンタンデール銀行が今年先に早期償還を見送ったことを受け、投資家の間には慎重な見方もある。

  バークレイズとBBVAは先週、新たにAT1債を発行した。初回の償還期日が近づいている既発債を置き換えるためかもしれない。CoCo(偶発転換社債)とも呼ばれるこの債券は銀行の資本に算入される。両行の昨年末の資本水準が規制の要件を満たしていたことから、償還の可能性は高い。ただ、AT1債の早期償還はかつて確実視されていたが、サンタンデールはこの慣例を破り初回期日の償還を見送っている。

  AT1債は一般的に償還オプションの最初の設定日に償還されるという仮定に基づいて価格設定されているため、サンタンデールの決定は投資家を動揺させた。

  INGグループの銀行クレジットアナリスト、スビ・コソネン氏は、「発行は償還の可能性を高めるはずだが、サンタンデールで起こったことを考えると、それぞれのケースを個別に検討することがますます重要になっている」と話した。 

  サンタンデールの広報担当者は、5月にコール日を迎えるドル建て債を償還するかどうかコメントを控えた。償還を通知する期日は4月20日。

  バークレイズは今月20日に20億ユーロ(約2500億円)相当のAT1債を発行。ドル 、ユーロ、ポンド建ての既発債は9月に初回コール日を迎える。バークレイズは償還オプションを行使するかどうかについてコメントを控えた。

  BBVAも先週にAT1債10億ユーロ規模発行。15億ユーロの既発債の初回コール日は来年2月。

原題:CoCo Call Expectations Come With Safety Warnings After Santander(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE