コンテンツにスキップする

パーデュー・ファーマ、オクラホマ州と和解-オピオイド系鎮痛剤巡り

  • 2カ月後に州裁判所で審理が始まる予定となっていた
  • J&Jとテバもオピオイドのリスク過小評価で訴えられている

パーデュー・ファーマは、オピオイド系鎮痛剤「オキシコンチン」の販売を巡りオクラホマ州と和解した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。米国でのオピオイド中毒拡大に伴う一連の訴訟で和解に至ったのは今回が初めて。オクラホマ州は、パーデューによるオキシコンチンの規則に違反するマーケティングが地元コミュニティーの財政悪化を招いたと主張し、提訴していた。

  パーデューとジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、テバファーマスーティカル・インダストリーズを相手取り起こされた訴訟の裁判が2カ月後にオクラホマ州ノーマンで始まる予定だった。今回の決着はパーデューだけが対象で、条件は現時点で不明。

  オクラホマ州は、これら3社が鎮痛処方薬のリスクを過小評価し、効果を誇張した結果、治療や取り締まりで多大な財政負担が生じたとしている。オピオイド中毒を巡っては、米国の他の三十数州と1600の市・郡も3社を含む企業を訴えているが、最初の審理は秋まで開かれない。

  オクラホマ州のマイク・ハンター司法長官は26日午後に記者会見を予定している。同長官のアレックス・ガーズスキー報道官は、パーデューとの合意についてコメントを控えている。同州は250億ドル(約2兆7500億円)の補償的・懲罰的賠償を求めていた。パーデューの広報担当ボブ・ジョセフソン氏もコメントしていない。

原題:Purdue Pharma Said to Reach Deal to Settle Oklahoma Opioid Case(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE