コンテンツにスキップする

テスラの「モデル3」納車予想引き下げ、RBCもカウエンに続く

  • 1-3月の納車台数予想を5.7万台から5.25万台に引き下げ
  • 目標株価を245ドルから210ドルに修正、投資判断「売り」相当

話題に事欠かなかった米テスラの1-3月(第1四半期)が終わりを迎えようとする中、ウォール街のアナリストがまた1人、この期間の同社の納車実績について悲観的な見通しを示した。

  RBCキャピタル・マーケッツのジョセフ・スパック氏は25日、「モデル3」の納車台数予想を5万2500台と、従来予想の5万7000台から引き下げた。「鈍い需要」のほか、海外での引き渡しに関する幾つかの問題を理由に挙げている。同氏は顧客向けリポートで、2019年全体のモデル3納車台数について、26万1000台程度と予想。従来の見通しは26万8000台だった。目標株価も245ドルから210ドルに引き下げた。

  カウエンのジェフリー・オズボーン氏も22日に納車予想を下方修正。両アナリストは「売り」に相当する投資判断をテスラ株に付与している。今月初めには、世界の電気自動車(EV)の生産動向を調査するブログ「インサイドEVs」が、テスラの米国販売は1ー2月に大きく減速したと分析。同社の四半期ベースの納車・生産に関するデータは通常、期末から数日以内に公表される。

  JMPセキュリティーズのアナリスト、ジョセフ・オシャ氏は25日、「米市場においてテスラ製品の弱さが続いている」ことなどを理由に、目標株価を引き下げた。投資判断は「買い」相当としている。

原題:RBC Joins Tesla Analysts in Warning of Risk of Delivery Weakness(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE